便秘の原因で女性の見えない敵

便秘解消の方法を、単に排便をさせるということだけに焦点を絞っていると、ホントに大事な便秘解消の原因を見逃してしまうことにもなりかねません。

 

 

便秘の原因というのはいろいろあるわけですが、最近は冷え性などの問題を含め、血流というものに注目が集まっています。

 

 

人間のカラダは、血液によって酸素が送られたりして活動をしているわけですが、血流が悪くなると体の末端まで血液が行き届かなくなります。
特に毛細血管が収縮することによって、血液が流れなくなると、毛細血管が張り巡らされている脳細胞や臓器の働きが低下してきます。

 

また筋肉にも毛細血管はあって、筋肉に血が行かなくなると筋肉は硬直した状態になってしまいます。

 

 

すると、排便を促すような臓器や排便をする際に力となる腹筋など筋肉の働きが悪くなるので、排便が思うように行かなくなりますよね。

 

 

 

でも、血流が悪くなるのはどうしてなんでしょう?

 

食べ物の問題、生活習慣の問題もありますが、一番大きな原因は、

 

 

   “ ストレス ”

 

 

です。

 

 

人間はストレスを感じると血管が収縮します。
特に毛細血管などは、ストレスを感じることで、血液の流れを止めるくらい血管が収縮してしまいます。

 

 

ですから、ストレスを感じない生活をすることが便秘解消の一番の解消法といえるのかもしれませんが、多くの女性たちは毎日多くの
ストレスを抱えて生活しているし、便秘が続くことで、その便秘が新たなストレスを引き起こすという悪循環になっているケースがあります。

 

 

この便秘解消の大きな敵であるストレスを取り除くことこそ便秘解消の近道かもしれませんよ!